ラダーオプションの仕組み、特徴、メリット・デメリット

一定時間後の為替相場が基準レートよりも「上」か「下」かを予想するタイプのバイナリーオプションです。バイナリーオプションの基本形ともいえますね。上手に活用すれば「保険」としても利用できるバイナリーオプションです。

ラダーオプションの特徴

ラダーオプションというのは、基本的に相場が上か下かを予想するオプションとなります。
ただし、従来のハイロー型とは異なり、権利行使価格(基準となる為替レート)が複数設定されます。

基準となるレートよりも円高、円安になるほど、よりペイアウト(払い戻されるお金)は大きくなります。

たとえば現在の為替レートが1ドル100円00銭だとします。 そういう場合に下記のようなレンジでのラダーオプションが提示されます。

為替レート ペイアウト オプション料(プレミアム)
100円80銭以上 1000円 50円
100円60銭以上 80円
100円40銭以上 150円
100円20銭以上 300円
100円00銭以上 500円

はしご状に基準となる値段が設定されています。どれも条件を満たした場合のペイアウトは1000円だとします。現在のレートが100円00銭だとすると当然100円80銭以上に円安になるよりも100円20銭の円安になる可能性の方が高いですよね。

そのため、それに張るためのオプション料に差がでています。
100円00銭以上なら500円(成功時2倍)ですが、100円40銭以上を予想し成功した場合は6.66倍の収益をえることができます。

ただし、このオプションに投資をした場合は100円30銭にまでしか上昇しなかった場合は0円です(オプション料である150円は戻ってきません)

 

想定外の相場変動に対応することも

ラダーオプションは想定外の数字になるほどオプション料は安くなります。
たとえば、上の例だと100円80銭ならわずか50円のオプション料で済むわけです。

これを利用して、FX投資など他の為替投資をしている時にそのヘッジとして活用することもできます。

統計発表などで相場が大きく動きそうな時は保有してるポジションとは逆の方向にかけておくことで万が一想定と逆の方向に動いた時の保険として活用できます。

 

ラダーオプションが利用できるFX会社

GMOクリック証券(外為オプション)
ラダーオプションのバイナリーオプションを利用することができます。

バイナリーオプション取引ができるFX会社

GMOクリック証券「外為オプション」

GMOクリック証券が行っている外為オプションは、相場が基準よりも上か下かを予測するというバイナリーオプションとなっています。
>>GMOクリック証券の詳細情報