レンジインオプションの仕組み、特徴、メリット・デメリット

一定時間後の為替レートは「特定のレンジ(1ドル100円00銭~20銭の間のような意味)」に収まるかどうかを予想するバイナリーオプションとなります。相場が硬直しているような場面で活用できます。

レンジインオプションの特徴

レンジインオプションは特定の範囲内の相場に収まるかどうかを予想するという、相場がこう着することを予想するバイナリーオプションです。

基準価格から一定範囲内に収まるかどうか?を予想するもので、通常は複数のレンジが提示されています。その中から自分が予想するレンジを選択するというオプションです。

当然、到達する難易度(可能性)が低いレンジほど、ペイアウト(払い戻し)される倍率は高くなります。
(可能性が低いレンジほど必要なオプション料が安い)

あまり遠いレンジを予想する必然性はさほどなく、もしもそれを予想するなら「ラダーオプション」を使う方が効率的といえますので、基本的には「現在に近いレンジに収まるかどうか?」を予想するのが基本的なスタイルなるものかと思います。

値動きが少ない時間帯やタイミングなどを狙って投資するのが戦略としては正しいと言えるでしょう。

バイナリーオプション取引ができるFX会社

GMOクリック証券「外為オプション」

GMOクリック証券が行っている外為オプションは、相場が基準よりも上か下かを予測するというバイナリーオプションとなっています。
>>GMOクリック証券の詳細情報