レンジアウトオプションの仕組み、特徴、メリット・デメリット

一定時間後の為替レートが特例のレンジの外に動くかどうかを予想するバイナリーオプションとなります。相場が大きく動くかどうかを予想するものになります。相場が波乱気味の時などに活用できますね。

レンジアウトオプションの特徴

レンジアウトオプションは基準価格から一定範囲よりも外に動くということを予想するオプションで「レンジインオプション」とは反対の予想をするものとなります。

こちらも通常は複数のレンジが提示されています。その中から自分が予想するレンジを選択するというオプションです。当然、到達する難易度(可能性)が低いレンジほど、ペイアウト(払い戻し)される倍率は高くなります。 (可能性が低いレンジほど必要なオプション料が安い)

相場が波乱気味で読めない時などに活用しやすいオプションと言えるでしょう。

どちらに動くかは分からないけど、これから統計発表があるので相場が大きく動きそうといった時に戦略的に有効はオプションと言えるでしょう。

バイナリーオプション取引ができるFX会社

GMOクリック証券「外為オプション」

GMOクリック証券が行っている外為オプションは、相場が基準よりも上か下かを予測するというバイナリーオプションとなっています。
>>GMOクリック証券の詳細情報