勝率50%超えを目指すためのチャート分析

バイナリーオプションは単純に勝率が50%を超えれば利益が出せる投資商品です。ですから、短期の為替レートの動きを読み、確実とは言わないまでもおおよその確率で勝てるパターンというのを見つける努力が必要です。5分足チャートを中心に、各種チャート分析を通じて為替の先読みに強くなりましょう。

為替レートの短期分析に役立つチャート分析

為替レートを読む際に役立つのがチャート分析(テクニカル分析)です。チャートとは過去の相場の動きを、さまざまな角度から線として引くものです。代表的なものに「ローソク足」「トレンド系(移動平均線など)」「オシレーター系(RSIなど)」があります。

チャート分析は為替投資だけでなく、株式投資などの様々な投資でも活用されているものなので、これらを知っておく(勉強しておく)ことが無駄になることはありません。
バイナリーオプションはごく短期の相場予想となりますので、ファンダメンタルズ分析よりもテクニカル分析の方が有効に働く可能性が高いと考えています。

自分なりに短期の為替レートを読むためのチャート分析を行い、勝ちパターンを作っていきましょう。下記におすすめのチャート分析のためのツールを紹介しています。ぜひご活用下さい。

 

ローソク足

ローソク足は、相場の動きを特定のタイミングごと(5分、1日、1週間など)に「始値」「終値」「高値」「安値」を示す棒状のグラフにしたものです。相場の動きを読む上で最も一般的に使われるチャートの一種です。一本での分析のほか、複数のローソク足の組み合わせで相場を読むこともできます。
>>ローソク足分析の詳細

 

移動平均線

トレンド系のチャート分析の中でも最も一般的なものです。過去の一定間隔ごとの為替レートの平均値をとり、それを時系列に結んでいくことで相場の動きを一本の線にしたものです。複数の時間軸(5分線と25分線)で複数の移動平均線を見ることで今後の相場の流れを読むのに役立ちます。
>>移動平均線分析の詳細

 

MACD

MACD(マックディー)は、指数平滑移動平均線と呼ばれる、最近の為替レートをより重視するようした移動平均線となります。通常の移動平均線よりもごく短期のトレンドをみるのにてきしているといわれているチャートの一つです。
>>MACDの詳細

 

ストキャスティクス

相場の振幅(値動きの幅)を読むオシレーター系のテクニカルチャートです。相場は過熱して買われすぎや売られすぎといった状況から元に戻ろうとします。この加熱や売られすぎなどを知るための指標の一つがストキャスティクスというチャートとなります。
>>ストキャスティクスの詳細

 

RSI

RSIはオシレーター系と呼ばれるチャートの一種です。相対力指数とも呼ばれ、かこの一定期間における変動の上昇分の割合を示す指標です。買われ過ぎや売られ過ぎを分析する上で有効なチャート分析法となります。
>>RSIの詳細

 

バイナリーオプション取引ができるFX会社

GMOクリック証券「外為オプション」

GMOクリック証券が行っている外為オプションは、相場が基準よりも上か下かを予測するというバイナリーオプションとなっています。
>>GMOクリック証券の詳細情報