バイナリーオプションの税金

バイナリーオプションは店頭デリバティブ取引と呼ばれる取引で、この取引によって所得を得た場合、申告分離課税という課税方法で税金がかかることになっています。ちなみに、FX取引も同様の取引となっており、FX取引の損益との通算も可能です。平成24年から税制改正が行われよりシンプルな課税となりました。

バイナリーオプションに対する税金

バイナリーオプションで利益を出した場合は、申告分離課税という方式で税金が掛かることになっています。

申告分離課税とは
申告分離課税(しんこくぶんりかぜい)とは分離課税の一種で、総合課税の勘定とは別に課税される税金であり、確定申告の段階で、他の所得と合算せず、分離して課税する制度をいう。源泉徴収課税と異なり、所得が発生した時点では所得から天引きされない。

 

つまり、1年間のバイナリーオプションの利益を合算して、申告して税金を支払うというものです。税率は一律20%となっています。

ちなみに、他の店頭デリバティブ取引をしている場合は損益の通算も可能です。

店頭デリバティブ取引には下記のようなものがあります。
・FX
・先物取引(日経225先物取引など)
・オプション取引(株式オプションなど)

こうした投資をしている方は損益の通算ができます。損益通算とは、たとえばバイナリーオプションで30万円の利益、FXで10万円の損を出した場合、利益と損を合算して、この場合は20万円の利益として確定申告が可能な制度です。

 

ちなみに、株式投資や投資信託などの投資も申告分離課税となっていますが、こちらとの損益通算は行うことはできません。(ただし、将来的な統合については視野に入れられているそうです)

 

※税金に対する詳しい相談は最寄りの税務署または税理士にお問い合わせください。当サイト管理人に問い合わせをいただいても回答いたしかねます。

バイナリーオプション取引ができるFX会社

GMOクリック証券「外為オプション」

GMOクリック証券が行っている外為オプションは、相場が基準よりも上か下かを予測するというバイナリーオプションとなっています。
>>GMOクリック証券の詳細情報